片隅でひっそりと

~共働き家庭の 仕事・家事・育児~

育児

可愛いグッズで、育児を助けてもらう

昨日は旦那さんがお迎えにいってくれたので、残業して帰りました。 夕食のメニューは、前の晩に旦那さんが作っておいてくれたハヤシライス。 お迎えの心配も夕食の心配もなく、切りがいいところまで仕事して19時半に帰宅。 旦那さんが先にぐり君に夕食を食べ…

「有意義なこと」が出来なかった休日。

日曜日の夜、ぐり君を寝かすために布団に入ったのが22時! 夕方以降のタイムスケジュールで色々判断を誤り、寝かしつけが遅くなってしまった。 「おーいしまさよし、みたい(YouTube)」「えほんよんで」「おうたうたって」、お布団に入ってからのすべてのお…

「きょう、ほいくえん?」

今朝、まだ布団の中で微睡んでいると、隣からボソボソ声が聞こえてきました。 「ぐり君? なんていってるの?」 「◎■※▼」 「ん? 何?」 聞き取れずに何度か聞き返すと、 涙声で「きょう、ほいくえん?」と。 「今日は保育園だよ。でも今日頑張れば、明日と…

「ねっくれすしたら?」

朝、身支度をしていて、胸元が寂しいなぁと思い、アクセサリーを選んでいました。 昔は、冬は長いネックレスをしていたけれど…子どもを抱っこすることが多い今は、ネックレスはチェーンが切れてしまう恐れが。 ぐり君も分別がつくようになったので、ピンも大…

3歳児も鬼滅の刃ブーム

秋にTVで総集編を見て以降、ぐり君もずっと鬼滅の刃ブームが続いています。 最初は、お店でお菓子のパッケージなどに描かれているのを見つけるたび 「きめつ。ほら、きめつ、あるよ」と教えてくれていました。 その時は、ここまでぐり君がハマるとは思ってお…

オモチャのクルマの駐車場を新設!

先週の3連休。 2日間とも、散歩→外食で終わってしまったので、何か有意義なこと(私的に)したいなぁと思っていたところ、旦那さんから「今日、駐車場作る? 寸法とか決めてくれたら、作るよ」といってくれました。 段ボールで作っていた駐車場がヘタレてき…

「はっぱ」嫌いのぐり君、レタスを食べる

ぐり君は、レタスやキャベツ、ほうれん草、三つ葉などは「はっぱ」といって摘んで取り除き、食べません。 野菜スープでくたくたに煮たキャベツなら、食べてくれるのですが。 かといって、野菜嫌いというわけではなく。 人参、じゃが芋、サツマイモ、ブロッコ…

夜の「絵本の時間」で、親の情緒も安定

子どもの「えほんよんで」の声にはなるべく応えています。 寝かしつけが21時半を過ぎない限りは。 布団に入ってからの「おうたうたって」「えほんよんで」のリクエストは、旦那さんは「ぱっぱにお願いしな」と言ってスルーだったのですが…。 最近は、歌は鬼…

壊れたオモチャで感動

最近、ぐり君がようやく電車に興味を持ってくれたので、私実家から従弟のお下がりのプラレールをもらってきました。 ちょこちょことプラレールで遊ぶようになりましたが、やはりクルマのオモチャで遊ぶことの方が多いです。 電車好きの甥が、そこから駅名(…

「りーたん、ぽてり~か、たべたの!」→「ぽてり~か?って何??」

昨夜、布団に入ると 「おとうさんは しょうぼうし、よんで。だってかっこいーから」と図書館で借りた本を持ってきました。 一度読んだ本ですが、タイトルをちゃんと覚えていたことにびっくり。 絵本を読んでさあ寝よう!と電気を消すと、ぐり君がおしゃべり…

子どもの言葉と、心の成長

◆ ただいま、保育園の改修工事中です。 通常保育をしながら、一部屋ごとに改修を進めており、先日から給食室を工事しています。 そのため、現在は子どもたちは皆お弁当(保育園が外食を手配)生活。 心なしか、保育園での食事に関する話題が少なくなった気が…

子どもの生活習慣【歯磨き】

1年前は、指を噛まれ、顔面に蹴りを入れられ、苦戦していた歯磨き。 半年前に歯科医に行ったのが転機となり、あまり嫌がらなくなりました。 最近は、自分で歯磨きをしてくれます(前歯ばかり磨く…)。 「もうおしまい?」と聞くと「ん。しあげみがきして」と…

子どもからの「おみやげ」を飾る

保育園の汚れ物などを入れる布袋に、「おみやげ」が時々入っています。 子どもが園庭や、散歩の際に拾った、石・木の実や摘んだ花・葉が入っているのです。 「おかあさんにおみやげ」というと、小さなジップロック風の袋に先生が入れてくれるようです。 花は…

トイレトレーニングの「終了」って? 3歳4か月の進捗状況。

トイレトレーニングは、失敗してしまった子どもにガミガミと叱りたくないので、焦らずゆっくり進めています。 先々週の3連休で、私の実家と、旦那さんの実家に帰省しました。 帰省中は、オムツだったりパンツだったり、履いているものは違いましたが、毎回ト…

夜の、いちゃいちゃタイム。

もう冬の布団をかけるぐらい夜は寒くなりましたね。 しかし、ぐり君は、いまだに夜寝る際は裸族です。 お風呂からあがってパジャマを着せ、少しTVを見たり遊んだりして、歯磨き&トイレを済ませ、さあ寝るぞ!と布団に入った途端…服を脱ぎ始めます。 「朝ま…

マルちゃん正麺の漫画は、まさしく昨年の私

マルちゃん正麺の漫画が炎上した…という記事を見て、読んでみました。 あぁ…あれは、まさに、昨年の私!!! マルちゃん正麺のTwitterの炎上は、帰ってきた奥さんが洗い物をしているコマに批判が出たようなのですが。 私は、「帰ってきたら洗い物がシンクに…

3歳3か月、一人でできることが増える:本日も朝は戦場

昨日家に帰ると、ルンバさんがステーションに戻れず力尽きていました。 手でステーションに戻したのですが…ちゃんと充電できていなかった模様。 朝、出かける直前にスイッチを入れると、エラー音と共に止まってしまいました。 「るんばさん、ちょっと、ちょ…

今朝は、何もかもがグダグダ

朝、寝防しました。 起きたら6時半でした。 携帯がキッチンにあり、充電が切れていたのでアラームが鳴らず。 出勤する旦那さんに「もう少しで6時だよ」と声をかけられたのに、「あと15分…」と思ってしまったのがいけなかった。 私が起きると、ほどなくしてぐ…

生活動線を1つ改善したものの、新たなる悩み。

うちには、キッチンにゴミ箱1つ、旦那さんの部屋に1つあります。 リビングと寝室には、ゴミ箱はなし。 寝室⇔リビング⇔キッチンと部屋が続き間になっているので、それぞれの部屋にはゴミ箱は置かず、すべてキッチンのゴミ箱に集約されています。 旦那さんの部…

「ほっときあ」(解読難易度:高)

昨日の帰り道。 保育園を出る前に、「寒くない? ジャケット着て帰る?」と聞いたけれど「さむくない、だいじょぉーぶ」といったぐり君。 「外は寒いんだよ? 外に出て確認しよう」といい、玄関を出て再度聞いたけど、返事は変わらず。 道程の半分を過ぎたあ…

トイレトレーニング。真夜中に絶叫。

トイレトレーニング、いまだに、ゆるゆるとやっています。 保育園では、ほぼ完ぺきです。 濡れたパンツが返ってきたのは、パンツを履きだした初期の頃に先生が声掛けをしそびれてしまい2回濡らし、お昼寝中にオムツに変え忘れて1回濡らし、お昼寝前にトイレ…

「3年後の休日、何をしていたい?」の質問で、幸せを実感

★土曜日 旦那さんが朝からお稽古に出かけたので、ぐり君と2人でのんびり過ごしました。 朝、10時にぐり君のインフルエンザの予防接種に行き、そのあと一旦帰宅して図書館へ。 先週借りた本を返し、新たに絵本を7冊借りてきました。 ぐり君の「しょうぼうしゃ…

お風呂エピソード3つ

冬になり、また主婦湿疹(手荒れ)がひどくなりました。 右手はあちこちが裂け、皮が厚く関節で曲げ辛くなりグローブのよう。 一時は左手も裂けましたが、今は右手だけに落ち着いて(?)います。 水に触る機会を減らすのが一番なのでしょうが…。 洗い物はゴ…

インフルエンザの予防接種…昨年より値上がりしてる!!

今年も、昨年と同じ病院で予防接種しようと思っていました。 予約が不要で、ふらっと行けるから。 しかし、今年はコロナ蔓延でインフルエンザの予防接種の需要も上がると思い、予約をしておくべきか…と思っていたタイミングで、かかりつけ医から先行予約の案…

毎週土曜日に絵本を7冊借りる

「絵本は、好みの絵・お話のものだけを厳選して買いたい・本棚に置きたい!」 と、思っていたのですが。 従妹たちからのお下がりや、いただいたプレゼントなどで、早々に思惑は崩れました。 さらに、子どもの好みがはっきりしてくると、親の好みで揃えること…

「おかーさん」から「おねーちゃん」になる

先々週、ぐり君に「〇〇ちゃんにあいたい」といわれました。 大好きな、従妹のお姉ちゃん。 先々週の金曜日、保育園からの帰り道に 「そろそろ、〇〇ちゃんにあいたくなっちゃった」と、唐突にいわれました。 夕闇の中、手をつなぎ、蜘蛛の巣を観察しながら …

しつけの成果は、まず保育園生活にあらわれる

子どものやわらかな感受性に、母はオロオロ - 片隅でひっそりと このエピソードを保育園の先生に連絡帳で伝えたところ そこにあった菊がなくなる。温かい気持ちのりーちゃんには切なかったのでしょうね。日々本当に優しい人だなと感じます。たまたま当たって…

「 “ごめんなさい” は、目を見て言いなさい」

一昨日、ぐり君が、私の雑貨の金魚さんの左目を押し潰しました。 片付けのため玄関にいた私のもとに「あ、それぱっぱのだよ。ダメだよ! ぱっぱに言いなさい」という旦那さんの声。 何事かと思っていると、私の金魚さんを手に、ぐり君が廊下に出てきました。…

子どものやわらかな感受性に、母はオロオロ

「感受性豊か」という言葉がありますが、まだまだ無垢な3歳児の感受性は「豊かというより、やわらかだなぁ」と感じたことがありました。 毎日登園する際に通る道。川沿いの遊休地の草刈りが行われました。 朝、草刈りがちょうど始まった頃に通りかかり「草刈…

鬼さんから「ぱっぱを、まもるの」

うちには、毎日のように「鬼さん」が来ます。 以前に「鬼さん」問題について旦那さんと話し合いをしました。 ●子どもが怖がる様子が可愛いからと、鬼さんで脅かすのはダメ ●鬼さん(怖い存在)は、お父さんとお母さんの味方として使ってはダメ ●鬼さんは、一…