片隅でひっそりと

~共働き家庭の 仕事・家事・育児~

進級後のクラス替え発表と、お別れ

春から、3歳児クラス(今年4歳になる子のクラス)に進級です。

3歳児・4歳児・5歳児クラスは、異年齢保育を取り入れているので、子どもの環境が大きく変わります。

お兄さんお姉さんたちと生活を共にするようになるので、その中でちゃんとやっていけるか心配ですが、

現在のクラスの担任2人のうち、1人の先生は新しいクラスでも担任になるとお知らせがあったので、少し安心。

 

しかし…お友だちが2人退園します。

そのうち1人は、0歳児クラスから3年間一緒だった子。

引っ越しで転園とのことで、寂しい…。

 

 

 

先日、寝かしつけの最中にぐり君が

「ここ、りーちゃんち?」と聞いてきました。

「そうだよ。ここはりーちゃんと、お父さんとお母さんのおうちだよ」と答えました。

「ずっと、ここ、りーちゃんち?」と聞くので

「うーん。賃貸だから、借りている間はりーちゃんち」というと

「やなの。ずっと、りーちゃんちがいいの。くだしゃいって、してほしいの」と、めそめそ泣き始めました。

 

くだしゃいって、してほしいの……なんとも、可愛い!!!

思わず顔がほころびます。

 

「くださいっていって、もらえるような物ではないんだよ。ここ、分譲はしていないから…おうちを借りているのが嫌なの?」

…ぐり君、三歳にして持ち家志向か!?

 

「おうち探しているけれど、近所になかなかいい物件がないんだよね…。」

ぐり君の涙をぬぐい、頬を撫でます。

最近、物件探しにまったく熱が入りませんでしたが、ぐり君が強く望むなら本腰入れようかな。

 

「くださいってしたいなら、他のおうちにお引越しすることになるの。ここのおうちは、借りてる間はずっと住めるよ。新しいおうちを買うのと、このおうちをずっと借りるの、どっちがいい?」

真夜中に、一家の未来を決定づける相談が、母と三歳児の間で交わされています。

そんなことも知らず、旦那さんはぐーぐーいびきをかいて寝ています。

 

「ずっと、ここがいいの」

 

そうか。

「そうね。お母さんもこのおうち、とても気に入ってるよ」

「ぐり君が大きくなるまで、ずっとこのおうち借りていようか」

「ん」

ぐり君をぎゅーっと抱きしめていると、すぐに寝てしまいました。

 

その時は、なんで急にこんなことを言い始めたのかな?と思いましたが、

昨日配布されたクラスだよりに、お友だちとのお別れの件は、クラスで担任の先生から子どもたちに伝えますと書かれていました。

少し前にお友だちが引っ越しして、遠くから保育園に通ってきていることをぐり君は知っていました。

おうちが遠いから一緒に帰れなくなったと聞いて、それすら寂しそうにしていた。

引っ越し=お友だちとお別れ ということを、先生から聞いて知ったのかもしれません。

 

春は毎年、嬉しいことと寂しいことがないまぜになります。

切なくて、美しい季節。

 

昭和ヒーローの歌を口ずさむ

一昨日の夜、お風呂上がりにおもちゃで遊んでいた時のこと。

ぐり君は、手元のミニカーに集中しながら

「あ~かーい、あ~かぁーぁい、あかいかめんのぶいすり~。だぶるかぁーいてん、いのちのべぇるぅとぉー」

と、口ずさんでいました。

 

父と母は、同時に「!?!?」ぐり君をガン見。

「い、いま、仮面ライダーV3の歌だったよね?」

「うん、間違いなく」

 

ちょうど私が生まれた年代に放映されており、私もリアルタイムで見たことがない番組。

でも、なぜか私も歌は知ってる。

 

「ぐり君、その歌、どこで覚えたの?」

「●●ちゃん」

先日、香水の歌を教えて(?)くれた保育園友だちの男の子が、歌っていたそう。

 

YouTubeで歌を探し、私も動画と共に熱唱。

すると、ぐり君「ちゃうよ」

またもや、間違えて覚えてきた模様。

 

YouTubeを見ながら歌っていると

「ぜろわん、みたい」と言われました。

まあ、仕方ない…YouTubeを見せてしまったのは私だし。

「2本だけね。お約束できる?」

「ん」

と約束し、ぐり君のリクエストに応えて仮面ライダーゼロワンの歌の動画を見せました。

 

ぐり君も私も、仮面ライダーゼロワンは名前だけ知っていて、番組は見たことなし。

「なんか、難しい歌だね…」

真似して歌おうにも、無理でした。

 

次に、仮面ライダーセイバーの歌も見てみましたが…。

番組を2度ほどしか見たことなく、どれがオープニング曲なのか判別できず。

 

結局、この日は、布団に入ってからも仮面ライダーV3の歌を二人で熱唱し、眠りにつきました。

 

3歳児でもすぐに覚えて歌うことができる昭和歌唱、すばらしい。

 

「きょう、ほいくえん?」②


今朝も、起きた瞬間感から「ほいくえんいかない」と言い出しました。

なんと、今回はぐり君は仮病を使いました!

 

昨日薄い傷があった喉をさすり

「ここ、いたいからやだ。」

羽毛布団に丸く包まり

「ほいくえん、きょうは、おやすみします、って(連絡して)。」

 

背中をさすりながら顔を覗き込み、声をかけると

「りーたん、ちょーしわるい。」

「おかぁーさんと、おるすばんする。」

 

最初は、喉をさすっていたので、風邪ひいた? 扁桃腺? と心配しましたが、

そのうちに

「あし、いたい」

次に

「ほっぺ、いたい」

 

…ほっぺ、肌荒れしてガサガサだものね。

そりゃー、痛いわ。

嫌がるぐり君のほっぺに保湿クリームを塗りました。

 

パウパトロールを見てご飯を食べ終わる頃には、もう寂しい気持ちも忘れ、元気に登園しました。

 

 出勤中にLINEで旦那さんに報告すると、

「帰ったら、嘘はダメだと教えないと」といってました。

仮病が頻繁になると、本当に病気の際に仮病と思い込んで見逃してしまうのが怖いから、しちゃダメではあるけれど…。

私は、3歳でどうしたら自分の要求が通るかと知恵を巡らせることができるんだなぁと感心しました。


ぐり君の仮病は、家で好きなアニメをみていたい、お母さんと一緒にいたい、が理由のようなので、どんな言葉かけが最適か考えてみようと思います。

ちなみに…ぐり君は病院は嫌な場所ではないので「病気なら病院に行く?」と聞いてしまうと「いく。いって、おくすり(甘くて好き)もらう」と言われてしまいます…。

 

登園の道のり、10分間の幸せ

1年前の記事


1年前に目標にしていた保育園への登園は、徐々に抱っこ率が下がっていき、完全に一人で歩けるようになりました。

自分で歩ききれるだけの体力は十分あります。

 

が、しかし。

「甘えたい日」も多いです。

 

今日は、玄関のカギを閉めて階段を下りるときから

「だっちして~」でした。

 

「お母さん、鞄も2つあるし、重いからちゃんとぎゅーってしていてね。していないと落ちちゃうからね」と言い聞かせ、荷物をまとめて肩にかけ、えいや!と抱っこ。

…1年前はぐり君の体力をつけることが目標にしていましたが、私も14キロの子を10分間抱えて歩けるだけの体力がつきました…。

 

子どもが大きくなると、重さだけでなく身長もネックに。

身長が高くなるとお尻だけでなく背中も支えていないと、ちょっと子どもがのけぞっただけで落としそうになります。

しかし、子どもの腕も伸び、力もついてきたので、首に腕を回してもらいぎゅっとしがみついていてくれると、安定感が増します。

ちょっとの時間なら片手抱っこも出来るほど。

 

少し前は、「腕を回して」とお願いしても、ぐり君の腕が短くて私の首の後ろに回りきらず、私がぐり君の背中をがっちり支えていないといけなかったのに…。

 

今日は甘えん坊だったので、ずっと抱っこで登園しました。

首に回された手が冷たいな…と思っていたら、タートルネックの服の首元に手を突っ込み、暖をとろうとするぐり君。

外で、胸元に手を入れないで~!!

「服が伸びちゃうから、首の後ろに手を入れて」とお願い。

 

寒いな~と思いながら歩いていると、ぐり君がほっぺをすりすりしてきます。

可愛いなぁ。

すりすり仕返しながらてくてくと歩いていると、ぐり君が私のほっぺの匂いをすんすんと嗅ぎ、ふふっと笑って首元に顔をうずめました。

…何? 私、匂いする? 臭いと言われなかったからいいけど…。

 

すりすり、すりすり、素肌の触れ合いを楽しむように、ずーっと頬を寄せてきます。

そのうち夢中になりすぎて、私と目をあわせながらすりすりしてくるので

「ぐり君~! 顔は右か左かどちらかにして! お母さん前が見えないよ!」と。

「はぁーぃ」といって首に顔をうずめては、またしばらくすると正面ですりすり…。

 

 

可愛いなぁ。幸せだなぁ。

 

3歳児、「香水」を歌う

ぐり君、鬼滅の刃のオープニング曲は、2番まで覚えました。

私の方がちゃんと覚えきれていなくて、ちょっと間違えて歌うと

「ちがうよっ」と、すかさず突っ込みが入ります。

 

先々週の金曜日。

旦那さんがお稽古に行っており、夕飯後に二人で過ごしていると…

突然、ぐり君が

「どーるちぇあーるのがばーなぁーの、そのつぎのこうしゅいだよぉ~」

と歌いだしました。

え、なんで「香水」の歌を知ってるの?

私も旦那さんも家で歌を流したことも口ずさんだこともないのに。

 

 

同じフレーズを繰り返し歌うぐり君。

「どーるちぇあーるがばーなぁーの、そのつぎのこうしゅいだよぉ~」

しかし、ちょっと変(笑)

 

「ぐり君、その歌、だれに教えてもらったの?」と聞くと

「●●くん」

 

お友だちが保育園で歌っているのを聞いて覚えたようです。

 

「ちょっと違うね」と歌詞を訂正するのですが

ちがう、これであってる、とぐり君は頑なです(笑)

お友だちのお母さんと立ち話した時に仕入れた情報によると、お友だちが間違えて覚えてしまっているようでした。

 

保育園の先生方はわらべ歌しか歌わないので、

流行りの曲はすべてお友だちが口ずさんでいたのを覚えてきたものです。

普段自分が聞かない歌を子どもが歌っているのを聞くのは、とても不思議な気分。

 

ぐり君ギャン泣きで、ラーメンのびる

昨日は、旦那さんが夕食を作ってくれました。

味噌ラーメン。

前日から、自家製ラーメンスープを作り、トッピングのもやしのナムルと味玉も用意していて、帰ったらすぐにごはんが食べられるように段取りよく準備してくれていました。

おかずは、冷凍餃子。

…前日も餃子だったのですが、ぐり君が「ぜんぶ、ひとりでたべる!」と宣言し、ほぼ1人で食べてしまいました。(交渉し、父と母は2つずつもらったけれど)

なので、「そんなに好きなら、明日も餃子にしてあげる」と旦那さんが前日から約束していたのです。

 

旦那さんがフライパンを洗っている最中、なんか焦げ臭いな~と思っていたら。

食卓に並んだ餃子の「はね」が見事に黒焦げでした。

「焦げちゃってるね」

「パッケージどおりに作ったんだよ。なのに焦げた!」

「火が強すぎたんじゃない?」

「でも“中火”と書いてあったよ。水が蒸発するまでとあったけれど、これはやばいと途中で辞めたんだよ。それでも焦げてたんだよ」

「うん…」

まあ、いいや。議論しても仕方ない。

「じゃあ、いただきます、しようか」

ぐり君と声を揃え、3人で「いただきまーす!」の挨拶。

 

私が、ラーメンを2口ほどすすったところで…

「こげてる!! これじゃない!」と、ぐり君が怒り出しました。

「そうね。黒いところは苦いもんね。でも、焦げてるはねをとっちゃえば大丈夫」

(実際には、はね以外も黒いけれど…)

「なおして!」

「いや、直せないから」

「なおしてくだしゃい!!」

…ギャン泣き。

 

「直せないけど、黒いところ全部とってあげようか」

ギャン泣きしながら、かすかにうなずくぐり君。

キッチンバサミで焦げている底の皮をすべて切り取ると…

さらにギャン泣き。

どうやら、皮を残して黒い部分だけとれると思っていたらしい。

 

旦那さんは爆笑。

ぐり君はギャン泣き。

 

…もう、笑っている場合じゃないよ!

旦那さん一人でラーメン食べ終えているし!

私のラーメン、2口しか食べていないのにもう麺のびてるよ!!

 

おさまりつかないので、膝の上に乗せて、よしよし、と慰めました。

「ぐり君、聞いて。お父さん一生懸命作ってくれたの」

私の胸に顔をうずめて号泣中。あぁ~鼻水が…。

「お父さん、一生懸命作ってくれたけれど、あんまりお料理上手じゃないんだよ」

 

旦那さん、私の言葉に打ちひしがれる。

 

「また今度、お母さんが餃子作ってあげるから」

「いまがいいのぉー!」

「今は無理。もうないから。…お母さん、ラーメン食べたいよ。もうのびちゃってるよ」

「ぐり君、こっちおいでー」

とうに食べ終えている旦那さんが呼んでくれましたが、ギャン泣きしていて聞く耳持たず。

「ダメかー。お父さんのせいだもんな…」

 

再び打ちひしがれる旦那さん。

 

色々話しかけてどうにかこうにか機嫌を直し、ようやくラーメンを食べるころには、もうすっかり温くなっていました…。

がっかり。

それでも、機嫌を直したぐり君は、ラーメンを完食しました。

 

私からもぐり君からも「おいしい」の言葉をかけてもらえず「もう作らない」とへそを曲げていた旦那さん。

だって、もう、麺がのびて温くなってたんだもの…。

私だって美味しいときに食べたかったよ!

旦那さんは泣いているぐり君を見て笑っているだけだったじゃない!

 

 

でも、今夜も旦那さんが夕食を作ってくれるそうです。

今晩はマーボ豆腐。

そして、3日連続の餃子…。

出勤する際に「マーボ豆腐とスープは自分が作るけど、餃子はお願い」と言われました。

 

これで今夜も焦がしたりしたら、また食卓が大惨事になるな…。

 

ぐり君、神さまを探す

1年ほど前は、ぐり君の遊び食べに悩んでいました。

コップの中や、お皿の中に色々なものを手づかみで入れていき、スプーンでぐるぐる…。

「感謝し、残さず食べる」を刷り込まれて育った私には、ごはんをぐちゃぐちゃにして食べずに残されるのは、本当にきつかった…。

 

根気よく言い聞かせ続け、少しずつ遊び食べはなくなりました。

今は、「おかわり」といって強請ったものを食べずに残す…というのが新たな悩みです。

 

ぐり君には、

・遊び食べはしない

・自分のごはんはきちんと食べる

・どうしてもおなか一杯で食べられなかった際は残してもいい

・残してしまうときは、「ごちそうさまでした」と共に、食材に「残しちゃってごめんね」とあいさつ

と教えています。

 

また、

ぐり君には「お米の中には、神様が7人いるんだよ」とも、教えています。

だから、ごはんを無駄にせず、残さず食べるように、と。

 

 

あるとき、ぐり君がご飯を1粒をつまんで食べました。

何してるのかな?と思って眺めていると

すこーしかじったら、指先に残ったご飯粒をじーーーっと見て…

「かみさま、いないね?」

 

…そう来たか!

「ぐり君。神様は見えないんだよ」

 

お米の中の神様を探そうとするとは…。

私も、小さいころ、お守りの中を暴いて神様を探したな…。

 

 

 

毎年、旦那さんが干支の置物を作ってくれます。

今年は、牛。

例年よりかなり大きい。

座布団の上には乗らないので、昔私が作った、沈金の漆器の皿にのせてみました。

 f:id:donguri_1:20210216155425j:plain